Service クロスゼロについて

01 安否確認 Safety confirmation

気象情報と連携して発災時に安否確認を自動配信。
幅広い条件設定で社内のBCP対策にも対応。
また、手動配信や予約配信で社内の防災訓練や
アンケートにもご活用いただけます。

自動配信 ベーシックプラン リスクゼロプラン

安否確認の自動配信条件は、気象庁の発信する気象情報をもとに、
指定した震度以上の地震が発生した場合や津波警報・大雨特別警報などの
気象情報を指定することもできます。
安否確認の配信対象者は、気象情報が発信されたエリアに含まれる
ユーザーに対して、自動で配信されます。

設定可能な事象

  • 地震情報(震度1〜7の間で、指定した震度以上で配信します。)
  • 津波警報
  • 噴火警報
  • 指定河川氾濫情報
  • 気象情報(暴風雪、大雨、暴風、大雪、波浪、高潮の特別警報で配信します。)

手動・予約配信 ベーシックプラン リスクゼロプラン

安否確認を手動で作成して配信することができます。
日時を予約して配信する予約配信や、作成後即時配信することもできます。
また、対象者を組織や拠点、ユーザーごとなど細かく設定することができます。
アンケートや防災訓練、気象情報以外の安否確認など幅広い用途で ご利用いただくことができます。

回答フォームカスタマイズ
ベーシックプラン リスクゼロプラン

安否確認で使用する回答フォームは、
回答数、選択肢、回答形式を自由にカスタマイズすることができます。

回答形式

  • 択一式: 選択肢から一つ選びます。
  • 選択式: 選択肢から複数選びます。
  • 自由記入: 回答をテキストで自由に記入します。

配信エリア設定 ベーシックプラン リスクゼロプラン

安否確認の配信エリア設定は、以下の3種類となります。

  • ユーザーの所属する拠点に対して、組織の管理者が設定します。
  • 拠点に設定されている以外に、ユーザーが5つまで自由に設定することができます。
  • 「現在位置を配信エリアに含める」をONにすることで、現在位置を配信エリアに指定することができます。

Push通知・メール通知
ベーシックプラン リスクゼロプラン

安否確認が配信された場合、お使いのスマートフォンにPush通知で回答依頼が届きます。
また、登録されたメールアドレス宛にも回答依頼が届きます。

再通知 ベーシックプラン リスクゼロプラン

安否確認への回答が無い場合、自動的に再度回答依頼の通知が行われます。
再通知されるまでの時間は設定することができます。

組織・拠点管理 ベーシックプラン リスクゼロプラン

ユーザーは、組織と拠点に分けて管理することができます。
また、クロスゼロでは組織・拠点を複数登録することができますので、
兼任の方がいる場合も対応できます。
安否確認の配信対象となるエリアは、拠点で設定することができます。

利用者一括登録 ベーシックプラン リスクゼロプラン

組織・拠点・ユーザーはCSV形式で一括登録・更新することができます。